集客(ブログの書き方)

ブログ初心者に知ってほしい!伝わるブログの書き方5つのポイント

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
伝わるブログの書き方
✔︎文章が苦手でブログを書くのが億劫・・・
✔︎本当にこれで伝わってるのかな?
✔︎全然読んでもらえない
✔︎アクセスが増えない><

 そんなあなたのために、

ブログを必要な人に届けるための5つのポイント

を書きたいと思います。  

ポイント1 〜自分ごとに思ってもらうように書く〜

えっ!?わたしのこと?

 

こんな広告をみかけました。 

  • 近くのモノが見えづらい
  • 夕方になると目が疲れる、ボヤける
  • 涙がしみることがある
  • 頭痛や肩こりを感じることが増えた

▶上記に当てはまる方はコチラをクリック!

七星
いや〜ん、 全部当てはまってるやん!!  

なんで、「いや〜ん」なのかと言うと・・・

当てはまるのは、老眼のサインと書いてあったから><

そうかも・・・ いや、でもまだ大丈夫! なんてごまかして日々過ごしているわたしにとって、とても響いた言葉でした。

このように、伝わるブログを書くために、まずは 「えっ!? それ、わたしのこと言ってる??」 と、振り向いてもらうことが大切です。  

振り向いてもらうためにしないといけないのが、「ターゲットを決める」ということですね。

ターゲットが曖昧では、「わたしのこと?」って思うような言葉はでてきません。

ターゲットを決めずに書くから、振り向いてもらえない。
のかもしれません。

ターゲットを決め、振り向いてもらうこと。 意識してみてくださいね^^    

ポイント2 〜感情に訴える〜

ee042439006ec1bc02e6d30241b9a6c1_s 

2015年の日本アカデミー賞最優秀主演男優賞を受賞された岡田准一さんが、スピーチで話されていたこと。

『感情が動くときに人は見てくれる』

緒方拳さんから言われた言葉だそうです。

これは、映画に限った話ではありません。

ブログも同じです。

人が行動を起こすのは、感情が動いたとき。

感情が動いたあとに、理論理屈が知りたくなる。  

相手の感情を知る。

これもターゲットが決まってないとできないことですよね?  

ターゲットを明確にし、相手の感情を知った上で、そこから逆算した言葉がけができると最高です。

お客様目線 と言われているのがこういうことなのです。  

ついつい自分の伝えたいことを全面に書いてしまいがちですが、書くべき内容はあくまでもターゲットとする読者が知りたい内容。

読者が知りたいことは何か? これがわからないと、「それ欲しい〜」と感情に訴える記事は書けませんね。  

 

こんな広告が目に入りましたよ。

ダイエットが成功しないなら・・・

ダイエットが成功しない、辛いのはイヤ・・・、と

思うなら根本から改善してみては? 医師も推薦のオススメ技術を紹介!

 気になりますよね〜、っていうか超〜気になります。

だって、最近ダイエットがなかなかできないんだもん。。。

 

こういった

■あ〜、わかる〜
■何々?気になる〜
■ふむふむ、それで?

といった感情に訴えることが大切ってことですね。    

ポイント3 〜イメージさせる〜

猫

写真が1枚あるだけで、文字情報だけよりも伝わりやすい。

イメージできる方が記憶にも残りやすい。

 

クリスマスローズをいただいた。
可憐で可愛らしく、それでいてお色は上品かつ妖艶な大人っぽい素敵なお花。
香りはしないんですね。
ありがとうございます。

とだけ書くより、

クリスマスローズ
クリスマスローズをいただいた。
可憐で可愛らしく、それでいてお色は上品かつ妖艶な大人っぽい素敵なお花。
香りはしないんですね。
ありがとうございます。

と、写真を1枚入れる方が、より伝わります。  

 

「和気あいあいと楽しく学んでいます!」 と言葉だけで書くよりも、

ブログ講座

 写真が1枚ある方が、楽しさも伝わりやすい。  

 

ビジュアルで訴え、イメージさせる

というのも伝えるためには必要です。  

そしてもう一つイメージさせる方法を。

受講生
どんな方法があるのですか?  
七星
堅〜い文語調よりは、口語調(話しことば)の方が親しみやすくないですか?
受講生
あ〜、言われてみればそうですね。
七星
伝える内容にもよるんだけど、話しことばの方が読者にす〜っと入ってくるんです。 その時に使えるのが「会話」。 ちょうど今やっているコレね、コレ。
受講生
ほんとですね。 実際にその会話に入っているような感じですごく伝わりますね。

写真や会話などを駆使して、読者に語りかけるように・・・

そうすることで相手はイメージがしやすくなりますね。    

ポイント4 〜自分の意見・想い・感情を入れる〜

眠い猫

伝わるブログにするには「共感できる記事」というのが必須条件となってきます。

では、どういうところろに、人が共感するのかというと、

あなたの感性・感情 です。

同じものを見ても、人によって見るポイントが違う。

同じ空間にいても、人によって感じることは違う。  

わたしはどう思うのか?

その感性に共感するから、もっと読んでみたいって思うのです。

その感性に共感するから、会ってみたいって思うのです。  

感性・感情を言葉で表現するのが苦手な人は、こんな方法もありますよ。

言葉が出てこない

写真に吹き出しをつけて、気持ちを表現する。

これ、最近のお気に入り。 写真に吹き出しをつけるのは、スマホで簡単にできます。

その方法は↓↓

【iPhoneアプリ】これは使える!バルーン・スティッキーズ

ぜひやってみてください!    

ポイント5 〜等身大の表現をする〜

  • ブログで情報を発信するなら、これぐらい知っていないとと、とにかくインプット・・・
  • よく見せたいから、普段しないメイクとファッションで盛り盛りプロフィール写真・・・
  • すごい人と思ってほしいから、ちょっと賢いことをよそから拝借してそのまま貼り付け・・・  

 

こんな経験はりませんか? わたしは・・・ 

あります(笑)

ブログ(アメブロ)を始めた頃の内容はまさしく上記のような借りてきた猫。

おもしろくともなんともないですね(笑)  

等身大でいいのです。

等身大の魅力こそ、ファンをたくさん増やすポイント。

よく見せようとしたって、すぐバレるし・・・  

自分を愛し、信じる。

自分の商品やサービスを愛し、信じる。

そうすることで等身大の魅力が発信できると思いますよ。  

まとめ

いかがでしたか?

伝わるブログを書くための5つのポイント  

伝えるために特別な文章力も必要ないし、特別な知識も必要ない。

ということはお分りいただけましたでしょうか?

ブログを自分自身を、そして自分の商品やサービスの魅力を等身大に発信するためのツールとして活用される人が増えることを願っています。     

 

The following two tabs change content below.
七星 奈津子

七星 奈津子

ブログ集客の専門家eSQUARED株式会社
ブログ集客プロデューサー/ライター/コラムニスト。 読者(消費者)との関係をつくり、集客や販売につなげる発信で5年10年後もお客様に愛される会社・お店づくりのためのメディアづくりをサポートしている。 これまで発信してきたもの、持っているコンテンツをわかりやすく見やすい形に編集してコーディネイトすることを得意とする。またコミュニケーションの中で、その人の中にある光るもの・強みを引き出すことも得意。 講座や個別サポートでは、その人ならではの魅力を引き出し、わかりやすく伝わりやすい言葉にして発信するお手伝いをしている。
7つ星ブログ講座

この記事へのコメントはこちら

Loading Facebook Comments ...

コメントを残す

*

CAPTCHA