プチコラム

亡き母への感謝の手紙が入賞

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
アマゾンプライムでクリスマスソング

 

昨日届いた高校時代の友達からのメッセージ。

高校時代とっても仲がよかったお友達が、もう何年前かなぁ。くも膜下出血で突然この世を去りました。当時小学生と幼稚園児だった2人の娘ちゃんを残して。

その娘ちゃんの作文が最優秀賞になったとのことで、その作品を送ってきてくれたのです。

感謝

お母さんへ、お元気ですか。わたしのこと覚えていますか。

ずっと思っていることがあります。

会いたいです。話したいです。

今でもまわりのみんながお母さんの話をしていると

なんでわたしのお母さんは死んでしまったのと思って

話が聞けなくなります。

でも、わたしは全てを覚えています。

お母さんと話したことや最後に一緒に食べたご飯。

そして、お母さんが病気に苦しみながら

必死に生きようとしていた姿まで。

お母さんが死んでしまった直後は

全てのきおくがじゃまでさみしかったけど

今では学校やクラブでこまったときを助けてくれています。

お母さんが作り出してきた命をたいせつに

1日1日をむだにせずにすごしていきます。

見ていてください。

当時幼稚園児だった2番目の娘ちゃん。今は中学2年生です。

お葬式の日、バスに2席空いているからということで友人と2人、火葬場まで連れて行ってもらい、最後の最後まで見届けさせてもらいました。

そのバスの中で「なんでお母さんおらへんの?」と、彼女は母の死をまだ理解していないのかなぁと思う会話をしていました。その方が良いのかなぁとも思いながらご家族の様子を見ていました。

でも・・・覚えていたんですね。

img_5922

あ、「りこ」は私たちの親友で彼女のお母さんです。

こんな会話を友達としながら思ったのです。

目の前にいなくて直接話せず寂しい想いをしながらも、母親からもらった大きな愛を今でも感じられて、それを信じられる彼女は素晴らしいなと・・・

わたしのテーマでもあり、きっと多くの人の永遠のテーマである「信じる」ということを、彼女は中学2年生ながらやってのけている。

わたしに出来ないわけがない。。。

そんなことを考えながら来年の予定を考えている、クリスマスイブ。

最近お気に入りのアマゾンプライムでクリスマスソングを聴きながら。

 

 

The following two tabs change content below.
七星 奈津子

七星 奈津子

ブログ集客の専門家eSQUARED株式会社
ブログ集客プロデューサー/ライター/コラムニスト。 読者(消費者)との関係をつくり、集客や販売につなげる発信で5年10年後もお客様に愛される会社・お店づくりのためのメディアづくりをサポートしている。 これまで発信してきたもの、持っているコンテンツをわかりやすく見やすい形に編集してコーディネイトすることを得意とする。またコミュニケーションの中で、その人の中にある光るもの・強みを引き出すことも得意。 講座や個別サポートでは、その人ならではの魅力を引き出し、わかりやすく伝わりやすい言葉にして発信するお手伝いをしている。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
7つ星ブログ講座

この記事へのコメントはこちら

Loading Facebook Comments ...

コメントを残す

*

CAPTCHA