集客(ブログの書き方)

種を蒔くことと集客と

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

素敵な言葉を見つけました。

植物は種から芽生えます。

種がなければ芽生えることは出来ません。

私たちの行いもまた、思いという、目には見えない種から生まれます。

この思いという種がなければ、行いが生まれてくることはありません。

ジェームズアレン

ブログを書くということは、まさに「種を蒔く」という行為だと思うのです。

日々自分の想いであったり、知識や考えを発信するから徐々に芽を出し花をつけ実になる。

たくさん種を蒔けばたくさん実をつけることができる。

たくさん発信すれば影響力という収穫も多くなる。

種を巻いてから実るまでの時間は植物によって様々。すぐ実るモノもあれば時間がかかるモノもある。

発信も同じ。すぐに影響力がつく人もいれば時間がかかる人もいる。

でもきちんと育てれば確実に実がつき収穫ができる。

愛情をたっぷり注げば注ぐほど美しい花を咲かせ、甘く美味しい実をつける。

これは、ブログを書くことを「作業」としてではなく、想いをしっかり載せることで理想のお客様に届きやすいということかな。

集客って・・・ビジネスって・・・
自然の摂理と同じなんですよね。

コツコツと種を蒔くから実るのです。
種を蒔かなければ当然収穫はできません。

台風や干ばつなどの影響で農作物が不作となるように、外的要因で上手くいかないこともあるかもしれません。

でも、種を蒔けば必ず収穫ができると信じられるかどうか、かな。

種を蒔くから結果が得られるわけで、種を蒔かないところに成果はないのです。

The following two tabs change content below.
七星 奈津子

七星 奈津子

ブログ集客の専門家eSQUARED株式会社
ブログ集客の専門家/コラムニスト。『言葉を紡いで未来をデザインする』をコンセプトに、商品やサービスの魅力、それを提供している人の魅力を言葉にし、多くの人に知ってもらうための「発信力」を高めるサポートをしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
7つ星ブログ講座

この記事へのコメントはこちら

Loading Facebook Comments ...

コメントを残す

*

CAPTCHA