セミナー

情報発信で顧客獲得につなげよう! 京都府商工会議所青年部連合会様の研修会でお話しさせていただきました!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
情報発信で顧客獲得につなげよう

2016年6月19日(日)、京都府商工会議所青年部連合会様主催の研修会で講師をさせていただきました。

綾部商工会議所の方よりご連絡いただき、「情報発信することの重要性についてお話ししてもらえませんか?」とお声がけいただいたのがきっかけ。

無事その大役を終えたので、お話しさせていただいた内容を振り返りつつ、セミナー登壇の報告をしたいと思います。

セミナー開催までの経緯

お声がけいただいたのは、綾部商工会議所青年部様でしたが、今回は京都府商工会議所青年部連合会主催の研修会でした。

連合会というのは、京都府内の宮津・舞鶴・福知山・綾部・亀岡・京都・宇治・城陽の各商工会議所青年部の集合体?みたいなイメージでしょうか。

京都府商工会議所青年部連合会ホームページ

そんな大層な会だとは露知らず、そして、どのように告知してくださっているのかも全く知らず・・・

と思っていたら・・・
セミナー終了後の今発見しました。ご案内してくださっている内容を(笑)

なるほど、このようにご案内してくださっていて、それを見て集まってくださった方々だったのか・・・と今思う次第です。

あ、でもね。
担当の方とはお電話でお打ち合わせをさせていただいていたのですが、話して欲しいということを具体的に聞いていましたので、告知の内容を知らなくてもセミナーの準備をすることができました。

担当者さまさま・・・です。

セミナーの様子

研修会にご参加くださったのは40名の方。

そのほとんどが男性。しかも、40名の内ブログをしている人がたったの2名という完全アウェイ状態という、今までのわたしのセミナーにはない異例のケース(笑)

京都府商工会議所青年部連合会研修会

「わ!緊張する〜〜〜!!」

って思ったのは一瞬。

話し出すとそんなことは全く気にならなず、しっかりと伝えるべきことは伝えてきた!というのが終わってみてのわたしの感想でございます。

京都府商工会議所青年部連合会研修会

というのも、終わってすぐに

「めちゃくちゃわかりやすかったです」
「今までの情報発信系のセミナーの中で一番わかりやすかったです」

というお言葉をいただけたのです。

これは、わたし中での「よし!」という確信に繋がったうれしいお言葉でした。

ただ・・・
わかっただけでなく、行動して欲しいというのが本音ではありますが。。。

セミナー内容

セミナー内容

お話しさせていただいたのは上記の通り。

消費者の購買プロセスが変化していて、売り手主導から買い手主導になっているということ。

見つけてもらい、選んでもらうための情報発信が必要だということを、何度も何度もお伝えさせていただきました。

セミナー中ずっと「消費者」という言葉を使っていたからか、ブログはBtoCの仕事をしている人にのみ有効だと思われた方もいらっしゃったようですが、BtoBの仕事でも同じです。インターネットの一般化、情報の多様化で、発注者の選定基準が変わっているのです。

BtoCでもBtoBでも、買い手の「買い方」が変わっているということを認識する必要があるのですね。

その上で、お客様(潜在顧客)の「不」を解消する情報の発信、そしてお客様が欲しいと思うタイミングで自分を、自社を思い出してもらえる関係性をつくる発信をしていくことが重要だということです。

具体的な事例&ワーク

情報発信の概略だけのお話しだと、わたしなら「じゃあ一体何をどう発信すればいいのよ!」って思うので、今のこの情報化時代に消費者が求めている情報が何であるか、それに対してどんなことを発信すればいいのか、といったことを具体的にお話しさせていただきました。

さらには、実際情報を発信するとき(ブログを書くとき)に考えるべきことをワークとして体験してもらいました。

体験していただいたのは、いつもブログ講座で使っている「伝わる文章を書くための魔法のワーク」。

7つ星魔法のシート

魔法のワークシート

伝えたい内容を明確にし、お客様のこと、お客様の感情を徹底的に考えた上で、自分が伝えたいことを伝えるためにどのような言葉をかければいいのかということを1枚のシートで考えていくものです。

今回のセミナーでは、「プロフィール文を書く」という設定でワークシートに沿って言葉を出してもらいました。

プロフィールといえども、ただ経歴を書くだけではなく

  • 自分のどこの部分を一番伝えたいのか?
  • 誰に伝えたいのか?

ということを考えて言葉を選ぶ必要がありますし、頭の中でなんとなく考えていることを具体的に言葉にすることができなければ伝わりません。

さらに、一方的な発信にならないように、伝えたい相手のことを徹底的に考える必要があります。そして相手が受け入れやすい言葉を選ぶことが大事なのです。

伝えたいことを伝えたい相手に届けるためには、こういった「設計」をしてから文章を書かないとダメなんですよね。

ワークはその体験をしてもらいたかったので、たっぷり時間をとって実際に頭の中を言葉にしてもらったのですが、何せブログを書いている人が2名しかいないということで、なかなかすぐに言葉が出てこないご様子でした(笑)

でもこれも練習なんですよね。

野球にしてもサッカーやゴルフにしても、練習しなければ上手くなりませんよね?

それと同じ。文章も練習しなければ上手くならないのです。

だからこういったワークをしながら、しっかりと「伝える」練習をして欲しいなと思います。

ご参加いただいた方の感想

研修会にご参加くださった方にメッセージやコメントをいただいていますので、ご紹介したいと思います。

早速お店のブログをアップしました。 内容も大事ですが、先ずは続けることを目標に頑張ります。何年かに一度火が付いてアップするのですが、暫くすると頻度が低くなり最後は放置という繰り返しでした。お店のニュースレターにもブログのURLを記載しているので、継続してアップするようにします。

 

「伝える」ことの大切さ、わかりやすく伝えるために、自分の伝えたいことを言葉(文字)にまとめていくことの難しさを再認識する機会になりました。あっという間の2時間でした。

 

先生の研修で沢山の新たな気付きをたくさんいただき今後の自身や自社の成長にしっかりと繋げていきたいと思います。

 

以前(約5年程前)はホームページやブログを通しての情報発信をしていたのですが、最近はSNS(LINE、Facebook等)での特定の人とのコミュニケーションが殆どとなっていました。特定の人とのやりとりでは、伝えたいことがお互いはっきりしているので、伝えたいことをまとめる・要点を絞るのようなシート記入で、あらためて対外的な情報発信の重要性を気付かせていただきました。

昨日のご講演で、参加者が積極的に情報発信に取り組んでおり、早速効果があらわれています。昨晩もブログ開設の話で意見交換も出来たりと、わかりやすいご講演のおかげで、我々も最初の一歩が踏みやすかったです。

 

京都府商工会議所青年部連合会

意見交換会にて

セミナー終了後は場所を移して意見交換会。

京都府商工会議所青年部連合会意見交換会

わたしのお席は、上座の真ん中だと・・・

セミナーより緊張するし(笑)

京都府商工会議所青年部連合会意見交換会

緊張しているわたしを和ませてくださったみなさま。

ありがとうございました^^

最後に

情報発信はとても大事。それも伝えたい相手にきちんと伝わるような情報を発信すること。

その時の「伝える」ってホント難しいとわたし自身も日々感じていますし、常に意識して表現しています。

それがコミュニケーションの基本だと思っているから。

日本人はもともと言葉が少なく「察する」ことを相手に求めますが、それではコミュニケーションがうまくいかないことが多くなってきます。

この研修会での内容が、ブログでの情報発信だけでなく日々の様々なシチュエーションでも「わかりやすく伝える」ということを意識していただくきっかけになっていれば幸いです。

 

 

The following two tabs change content below.
七星 奈津子

七星 奈津子

ブログ集客の専門家eSQUARED株式会社
ブログ集客の専門家/コラムニスト。『言葉を紡いで未来をデザインする』をコンセプトに、商品やサービスの魅力、それを提供している人の魅力を言葉にし、多くの人に知ってもらうための「発信力」を高めるサポートをしています。

eSQUARED(株)のWebマーケティング

インターネットでの情報発信はこれからの時代なくてはならないものだと考えています。

情報化社会において個人事業主様・小規模事業者様が取り組むべきものが「コンテンツマーケティング」。

ブログを中心としたWeb戦略です。

ワードプレス使い方レクチャー

スマホやタブレットの普及により、人はいつでも情報の検索ができる時代です。

そのような時代に情報を発信していないということは、存在しないのと同じです。

時流に乗った情報発信は必要不可欠です。

お客様に選んでもらえる情報の発信、初めてみませんか?

弊社では、ブログ・ホームページ・SNSを活用したマーケティングのお手伝いのため、ワードプレスブログの構築から、少人数ブログ講座、Webマーケティングの個別サポート、ブログ記事の代行&リライトを提供しております。


サービス一覧

この記事へのコメントはこちら

Loading Facebook Comments ...

コメントを残す

*