プチコラム

講師の先生に告ぐ!継続した情報発信がなければ信頼ができないよ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
講師の先生の信頼は情報発信

無料のブログやSNSを使って、誰でも気軽に情報発信ができる時代。

言い換えれば、誰でも簡単に講師になれる時代と言えるかもしれません。

講師には資格もお免状もいらないですしね。

講師の先生の信頼はどうやって得る?

講師

誰でもなれる講師の先生。では、どうやって信頼を得るのか・・・?

それは、情報発信だと思います。

スマホやタブレットといった機器の普及で、誰もがどこででも情報を得られる時代に、情報発信をしていないというのは、存在しないのと同じ。

どんなに素晴らしいコンテンツを持っていても、どんなに権威のある先生からの学びを得ていても、それらを発信しなければ意味がないのです。

情報発信の継続

情報発信

情報発信は必要。しかし、思いつきで発信すれば良いというものではありません。

必要なのは継続です。

専門分野の経験や知識を活かして人を導いていく仕事である講師の先生。その先生が「継続」ができない人であればどうでしょう?

信頼ってできますか?

おそらくどんな分野でも「継続が大事」ということを説いていることでしょう。

その先生自体が発信しているもの、例えばブログなどを見て1ヶ月も2ヶ月、さらには半年、1年と更新がされていなかったら・・・・

それは見た人は信頼できないどころか、不安を煽るのではないでしょうか?

情報発信は口コミや紹介にも関わる

口コミ

わたしは、わたしの大事なお友達や仲間に誰かを紹介するときは、必ず発信しているものを見てもらいます。そして自分で判断して選んでもらいます。

スマホやPCが発達し、誰もが情報検察を気軽に簡単にできるようになった今、人を紹介するときは「このサイト見て」「このブログ読んでみて」というような紹介をすることが増えてきているのではないでしょうか?

そう考えると、本当に良い商品やサービスを提供していても、なかなか紹介しにくくなってきます。

今日も実際ブログ講座で言われました。

受講生
お友達がブログ勉強したいって言っていたので、なつこ先生のブログを教えて「読んでみて〜」って言っておきました〜

 

やっぱり人に何かを紹介するときって、こんな感じなんですよ。

また、人に誰か(何か)を紹介するって、紹介する側の信用でもありますよね?

そういう意味では、継続して発信していない人を紹介するって、紹介する側からするとかなりデンジャラスな状況。

わたしだったら発信していない人、継続ができない人を大切な友達や仲間に紹介することはできないかな〜。

まとめ

講師の先生が信頼を得るために必要なのは何をおいても情報発信。

何度も言いますが、情報発信をしていないというのは、存在しないのと同じです。

存在がないものを信頼しろと言われてもできるわけがありません。

また、存在はあっても継続がされていないものの信頼も難しいです。

人を導くお仕事をされている講師の先生方、まずは率先して情報発信を継続して行いませんか?

最後に残るのは、継続した人・・・だと思いますよ。

The following two tabs change content below.
七星 奈津子

七星 奈津子

ブログ集客の専門家eSQUARED株式会社
ブログ集客プロデューサー/ライター/コラムニスト。 読者(消費者)との関係をつくり、集客や販売につなげる発信で5年10年後もお客様に愛される会社・お店づくりのためのメディアづくりをサポートしている。 これまで発信してきたもの、持っているコンテンツをわかりやすく見やすい形に編集してコーディネイトすることを得意とする。またコミュニケーションの中で、その人の中にある光るもの・強みを引き出すことも得意。 講座や個別サポートでは、その人ならではの魅力を引き出し、わかりやすく伝わりやすい言葉にして発信するお手伝いをしている。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
7つ星ブログ講座

この記事へのコメントはこちら

Loading Facebook Comments ...

コメントを残す

*

CAPTCHA